メインイメージ画像

コンタクトレンズは通販で買うとお得で便利です

コンタクトレンズを購入したい場合、以前は眼科へ行き、処方箋をもらう事が必須でした。そのため、定期的に眼科へ通い、診察するために何時間も待つため、手間と感じていた人も少なくありませんでした。しかし、現在では、処方箋を提出せず購入する事ができます。コンタクトレンズの通販も同様に処方箋を必要とせずに購入できるので、非常に便利です。

以前使用していたコンタクトレンズの両目の度数を確認する事ができて、前に購入した箱がまだ手元にある場合は、それらを参考に再度、通販でコンタクトレンズを購入できます。通販のサイトでは、自身の眼に応じたコンタクトレンズを選べます。コンタクトレンズにはソフトのコンタクトレンズとハードのコンタクトレンズがあります。ソフトのコンタクトレンズは常用タイプと1日使い捨てタイプ、2週間使い捨てタイプ、1カ月使い捨てタイプがあります。ハードは主に常用タイプです。また、近視用、遠視用、遠近両用のコンタクトレンズもあり、自分の眼がどの症状かをあらかじめ把握しておきましょう。自身の該当するコンタクトレンズを把握し、使用日数を選んだ後、以前、使用していたコンタクトレンズを参考にベースカーブと呼ばれるBCとDIAと呼ばれるダイアメーター、PWRのパワーの数値も状況により必要となります。BCはコンタクトレンズの曲がり具合の数値を示しています。mmの単位で表示されていて、BCの値が大きいとカーブが緩くなり、眼球のカーブとベースカーブを比較した場合、ベースカーブが小さいと眼球が圧迫されて、締め付けられる感じになり、大きいと眼を動かした際、レンズのずれを感じます。DIAはコンタクトレンズの直径を示す値で、mmの単位で表示されます。PWRはコンタクトレンズの度数を示す値です。マイナスは近視用、プラスは遠視用のコンタクトレンズである事を示します。更に乱視の場合はシリンダーと呼ばれるCYとアクシスと言われるAXも必須となります。CYは乱視の度数で円柱度数智言われています。数字が大きくなるほど、乱視が強くなります。AXは乱視の方向を表示されます。

通販で継続的に購入を希望の場合は手元に自身が使用しているコンタクトレンズの数値が記載されている箱を手元に保管しておくことで手軽に購入可能です。まとめ買いをする事で1カ月当たりの金額のコストダウンにもつながり、1箱当たりの金額も提示されているので、さまざまなタイプのコンタクトレンズの金額も比較する事もできます。コンタクトレンズの購入同様、コンタクトレンズのケア用品の種類も豊富でコンタクトレンズには欠かせません。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ以外は毎日のお手入れが必要となってきます。使用期限も使用していた日数ではなく、開封してからの日数なので、2週間使いきりのコンタクトレンズを1日おきに使用していれば、1カ月使用できるわけではないので、使用期限を守る事も大切です。ソフトのコンタクトレンズとハードのコンタクトレンズの常用タイプも保証期間を目安に定期的に買い替える事も大切です。そして、コンタクトレンズを外した際、1日使用しているために付着した汚れやほこりを取り除くために消毒液を使用して、コンタクトレンズをケースに保管する際に使用する保存液も欠かせません。また外出中に眼が乾いてと言った事もコンタクトレンズ専用の眼薬を点眼するだけでドライアイを防げるので、非常に便利です。定期的に眼薬を点す事で、眼球にも潤いが保たれ、コンタクトレンズの脂質汚れの付着も軽減できます。

コンタクトレンズを使用するためには自身の症状に合ったコンタクトレンズを選ぶだけではなく、取り外した時の手入れや保管方法も大切になってきます。手入れを怠ると眼球を傷つけたり、眼が赤くなったりすることもでてきます。未然に防ぐためにもしっかりコンタクトレンズの使用上の注意を守っていきましょう。

更新情報